メルセデスベンツA160 マイナートラブル。(ブログ)

   先週の金曜日(17日)夜、メルセデスベンツA160を納車しました。

  納車した翌日朝、早速エンジンが掛からない!と電話が有り、よく話を聞くとハンドルロックか何かでイグニッションスイッチが回らない!との事で、何か始動の為の操作が有るのですか?と質問でした。

  このA160、イグニッションスイッチが他の車両(その他のA160は分りませんが)に比べ、異常にイグニッションスイッチを回すのが硬いのです。

  納車の時にも、そのお話はさせて頂いてはいたのですが、冷えている時は、よりいっそう回すのが硬いのかも知れません。

 

 それともう一つ、右側のヘッドライトが灯かなくなりました。

                                          一昨日車を引き取って来ました。

 

 ヘッドライトを見ると、後付けのHIDが取り付けられていました。

 まず不具合の原因は電源なのか、バラスト(安定器)又はバーナー(点灯管)なのかを調べます。

  一瞬、初期点灯の気配が有りますので、電気は来ていました。

   次に予備のバーナー(点灯管)の手持ちが有りませんでしたので、左右のバラスト(安定器)を入れ替えてテストしてみます。

 入れ替えの為にバラスト(安定器)を取り外すと、左右でバラスト(安定器)のメーカーが違っていました。

  とりあえずは、作動には問題有りませんのでバラスト(安定器)を入れ替えてライトスイッチを入れると、右側のヘッドライトは点灯しました。

  原因は、右側ヘッドライトのバーナー(点灯管)切れでした。純正のヘッドライトのバルブはH7が標準ですので、H7タイプのHIDのバーナー(点灯管)を用意する事になります。

  バーナー(点灯管)不良が分ったのは良いんですが、バーナー(点灯管)1本だけ換えると、色温度(発光色)が合わなくなるのと、左右で寿命が替わってしまうので2本同時にセットで取り換えるか、それともバラスト(安定器)も左右でメーカーが違っているので、ついでにHIDキットごと取り換えるか、納車時の車両条件は予算の関係で現状渡しでしたので、どちらが良いか聞いてから部品を発注する事にします。

                           左側には、スバル純正のバラスト(安定器)が付いていました。

この記事にコメントする

You must be logged in to post a comment.

 

2017年12月
« 12月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

古物営業法に基ずく表示

有限会社アトランティックエスエフ
愛知県公安委員会許可
第542529703800号

有限会社アトランティックエスエフ

〒488-0826
愛知県尾張旭市大塚町1-12-12
TEL 052-726-9600
FAX 052-726-9601

Powered by WordPress, WP Theme designed by WSC Project. ログイン