ブレーキオイルのチェック。(ブログ)

   エンジンオイル、ATF,ミッション&デフオイル等の交換時期は、走行距離や汚れ具合などで判断して交換をお勧めしますし、ラジエタークーラント(LLC)は濃度や汚れ具合で判断して交換をお勧めします。

  バッテリーは、バッテリー液の比重を計って要充電、要交換を判断するのですが、最近は密閉タイプも多くなり、密閉タイプでは比重測定が出来ないので、バッテリーテスター(チェッカー)で判定をする事が多くなりました。

  ブレーキオイルはと言うと、汚れ具合とは別で、一般整備工場等では車検時(2年毎時)交換が多いです。(自動車メーカー推奨は1年毎時です。)

  これは、12ヶ月点検時(1年点検又は車検時)にタイヤを脱着しますので、その序でにブレーキオイルを交換した方が、単独作業で交換するよりもお値打ちに出来るのと、途中の点検等でブレーキオイルの劣化や汚れ具合を判断して、単独作業で交換を促す事は殆んどしませんので、前回の交換時期が何時かが分かりにくいので、 12ヶ月点検時を交換目安にしているのです。

  ブレーキオイルは,汚れているのは分るのですが、色だけでは劣化具合は分りませんので、ブレーキオイルは吸湿性が有りますので、劣化判定(水分の含有量)の参考に使用するのが、このブレーキフルードチェッカーという物が有ります。(ブレーキフルードは水分を含むと性能が低下していきます。)  この様に使用します。

                                新品のブレーキフルードをテストした時です。

                                今、車検で入庫している車両です。2年前交換、交換後13,133km走行

                                在庫のプリンセスのブレーキオイルです。

                                在庫のプリンセスのクラッチオイルです。

  ブレーキオイルも長年交換してなくて劣化があまりにも激しい車両の場合ですと、ブレーキの効きが甘くなったり、ブレーキタッチがふわふわしたり、最悪の場合、長い下り坂でブレーキが効かなくなる場合も有りますので、特にオートマチック車をお乗りの方はご注意下さい。

 

この記事にコメントする

You must be logged in to post a comment.

 

2017年9月
« 12月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930  

古物営業法に基ずく表示

有限会社アトランティックエスエフ
愛知県公安委員会許可
第542529703800号

有限会社アトランティックエスエフ

〒488-0826
愛知県尾張旭市大塚町1-12-12
TEL 052-726-9600
FAX 052-726-9601

Powered by WordPress, WP Theme designed by WSC Project. ログイン