2ndレンジローバー 始動不良。(ブログ)

   13日の朝、2ndレンジローバーのお客様から、家の近くへ出かけたらセルモーターが転わらず、エンジンが掛からなくなったと連絡を頂きましたが、お盆前納車の車が控えていて、出張も入庫も出来る状態ではなかったので、ロードサービスへ依頼していただく事でお願いしたのですが、ロードサービスの方が到着して確認をしたところ、バッテリーではなく、セルモーター不良ではないかと言う事で、当店では17日にしか入庫出来る状態ではなかったので、16日までロードサービスで預かっていただいて当店へ17日午後から入庫になりました。

  まず確認をすると、確かにスターターモーターの反応が無いので、早速セルモーターを取り外して単品テストをすると、やはり廻りません。

  時々廻らなくなる症状の原因に、セルモーターに付いているマグネットスイッチ内部の接点不良が有りますので、再度、セルモーター単品の始動テストを行い、その時にマグネットスイッチにハンマー等で軽く衝撃を与えると、内部の接点位置が微妙にずれて通電して廻る事が有るので、ハンマーで軽くたたいてテストをすると、セルモーターが廻りました。

  一度廻りだせば、しばらくは大丈夫ですが、また廻らない症状になりやすいので、安全の為交換を考えたのですが、お客様に連絡をしたら、明日の朝一番で東京へ乗って出掛けたいので、何とかならないかと言われたので、セルモーターをO/Hすることにし、マグネットスイッチも分解して接点修正する事にしました。

  セルモーターを組み上げ、テストをして問題が無い事を確認し、車両へ取り付けて始動をさせると、まったくセルモーターが廻りません。急いでセルモーター信号を確認すると、イグニッションキーを回した時にセルモーターに信号が来ていません。

  色々確認をしたら、ヒューズが切れていました。しかもエアーサス用の大きいヒューズです。

 何とかヒューズが有りましたので交換して、エンジンを始動すると掛かりました。エアーサス用の大きいヒューズが切れていましたので、また切れるとセルモーターが廻らなくなるので点検をすると、

1年前に換えたエアーサスのポンプ(コンプレッサー)が廻ってなく、車高が上がって来ません。

  エアーサスのポンプを確認すると、内部ショートなのか凄い熱を発して廻っていません。

  夜も9時になり、今からエアーサスポンプが不良になった原因を探っていく時間もないし、エアーサスのポンプも在庫が無いし、明日の朝一番で東京へ行く予定で約束を組んでしまっているとの事で、急遽、在庫で持っていた2ndレンジ用のコイルサスコンバージョンキットを取り付けて、乗って行ってもらう事にして、そのまま取り付け作業をして、今朝9時に何とか車をお返しする事が出来ました。

  昨日は、久しぶりに頑張って仕事をしましたので、写真も撮り忘れましたし、今日は少し筋肉痛で疲れました。

この記事にコメントする

You must be logged in to post a comment.

 

2017年12月
« 12月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

古物営業法に基ずく表示

有限会社アトランティックエスエフ
愛知県公安委員会許可
第542529703800号

有限会社アトランティックエスエフ

〒488-0826
愛知県尾張旭市大塚町1-12-12
TEL 052-726-9600
FAX 052-726-9601

Powered by WordPress, WP Theme designed by WSC Project. ログイン