バンデンプラ・プリンセス 点検整備。(ブログ)

  お盆前に、バンデンプラ・プリンセスを個人売買情報サイトで購入したので、点検整備をして欲しいと依頼がありました。

  点検整備と何点か依頼事項があり、12ヶ月点検(車検後整備)と色々チェックをしていくと、右リヤ足廻りより異音があり、揺すってみると音と共にサスペンションのフィーリングが何か違うんです。

  リフトアップして足廻りを見ると、ハイドラサスのダストブーツがディスプレッサーのピストンに噛み込んでしまって機能していませんでした。

上の写真は右リヤのハイドラです。ブーツが噛み込んでいます。下の写真は左リヤのハイドラ(正常)です。

 

 まず、ハイドラの圧を抜こうと、チャージバルブを見ると、バルブの頭がつぶれて変形していましたので、取り外してねじ山を修正して、バルブコアの交換です。

 ダストブーツを元道理に戻して、フルードを入れて今度は正常に作動するようになりました。

 

  次に、フォグランプが両方灯かないのでランプを外して点検すると、電気がランプまで来ていませんでした。

 フォグランプスイッチを確認する為、インパネを外して見ると、スイッチ裏で配線がショートして、線が燃えて切れていました。

 それに、1本配線が完全にメーター裏のハーネスの束の中で全部燃えてしまってましたので、ハーネスをばらしてその他の線の確認をすると、幸い燃えたのは1本だけで済んでましたので、1本線を引き直し、ついでにメーター裏の配線を全部正常に作動するように手直しする事にしました。

 

  次に、スピードメーター内のトリップメーターが動かないという事で、スピードメーターを取り外し、メーターを分解すると、トリップメーターのシャフトクリップが緩んで外れてしまってました。

 クリップの穴が広がっていて再使用できませんでしたので、以前交換したメーターからクリップを取り外して使用する事にしました。

 メーター照明用のグリーン色のカバーもバルブの熱焼けで溶けて無くなっていましたので、バルブにグリーンのゴムキャップを被せて代用する事にしました。

 

  作業序でという事で、ウッドパネル、ドアキャップ、ピクニックテーブル一式も交換する事になり、付いている金具を全部入れ替えて交換です。

 ステアリングシャフトもガタが有るのでシャフトを外して修理して、ウインカーリターンの位置も合っていなかったので位置を合わせて取り付け直しです。

 

  あと、お勧めを聞かれましたので、ルームランプのレンズがバルブの熱で溶けるので、LEDタイプのバルブに交換させて頂きました。

  その他、修理、修正箇所を直し、少しは気分良く乗って頂ける様になったんではないかと思います。

 

この記事にコメントする

You must be logged in to post a comment.

 

2017年12月
« 12月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

古物営業法に基ずく表示

有限会社アトランティックエスエフ
愛知県公安委員会許可
第542529703800号

有限会社アトランティックエスエフ

〒488-0826
愛知県尾張旭市大塚町1-12-12
TEL 052-726-9600
FAX 052-726-9601

Powered by WordPress, WP Theme designed by WSC Project. ログイン