フロントスイベルハブ、オイル漏れ。(ブログ)

 

ディフェンダー90のスイベルハブのオイル漏れ修理依頼が有りました。

よく見ると、スイベルハブの下側にドレーンボルトが付いていません。(写真1)

ドレーンボルトが付いてないタイプはスイベルの中はオイルではなくグリスが入っているので、まず普通は外にはオイルみたいな液体は出てきません。(スイベルの外側のオイルシールがダメ(気密不良)になっているので、この車両は出て来たんですが)

という事は、フロントデフのオイルがスイベルの内側にあるオイルシールの気密不良により、スイベルの中に入り込んで、そのオイルが外に出て来たんですね。

 

早速、スイベルを分解する事にしました。

フロントハブベアリングを外してブレーキローターごと取り外し、アクスル(スタブアクスル)を取り外して等速ジョイントを抜き出して見ると、やはりスイベルの中のグリスがデフオイルに溶けてオイルみたいにしゃびしゃびになってました。(写真2、写真3)写真2は、等速ジョイントを抜き出してスイベルの中を覗いた写真です。

 

スイベルハウジングを取り外さないと、内側のオイルシール、外側のオイルシール両方とも交換出来ませんので、スイベルハブ,フル分解です。(写真4,写真6,写真7)写真6はスイベルハウジングをデフ側から見た写真です。写真7は左からスイベルハウジング(スイベルピンベアリングハウジング)、スイベルハブ(スイベルピンハウジング)、アクスル(スタブアクスル)の写真です。

 

明日、少しずつ全部品を洗って組上げて行くつもりですが、エンジン内部のスラッジ落としを先に行うか後でゆっくり考えてみます。

この記事にコメントする

You must be logged in to post a comment.

 

2017年9月
« 12月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930  

古物営業法に基ずく表示

有限会社アトランティックエスエフ
愛知県公安委員会許可
第542529703800号

有限会社アトランティックエスエフ

〒488-0826
愛知県尾張旭市大塚町1-12-12
TEL 052-726-9600
FAX 052-726-9601

Powered by WordPress, WP Theme designed by WSC Project. ログイン