最近のエンジンオイル交換間隔の傾向?(ブログ)

 

久しぶりにミニのエンジンオイル交換をしました。

入庫と言っても、エンジンオイル交換で入庫した訳ではなく、最近アイドリングが不安定で調子が悪いので見て欲しい。ついでにエンジンオイルも交換しておいて下さい。という依頼です。

 アイドル不調も症状が出たり出なかったりですので、まず先にエンジンオイル交換をする事にしました。

 今回の入庫距離は、前回のエンジンオイル交換距離から約9,200kmほど走っておりました。

エンジンオイルは特別指定が無い限り、100%化学合成オイルを使用しており、10,000km走行は大丈夫なんですが、このミニはオイル消費及びオイル漏れを考慮して、あえて次回交換距離を5,000kmで提示をしているのですが、9,200km走行後ですとオイル交換前にオイルレベルゲージを確認しましたら、やはりレベルゲージにオイルが付かない所までに減っておりました。

 

少し前に入庫されたセカンドレンジローバーの方は高速走行の多い方でしたが、この車もエンジンオイル漏れが少し有りましたので、次回の交換時期は9,000kmで提示してましたが、仕事の都合で13,000km程走行されてて、最近少しエンジンの音が大きくなったような気がするからとエンジンオイル交換に入庫されましたが、その時もオイルレベルゲージのLoレベルの所までエンジンオイルが減っておりました。

 

最近の新型車はエンジンオイル交換推奨距離がロングライフ化しており、世間でも3,000kmでオイル交換を薦めると、過剰な営業と捉える方もお見えになる様ですので、当店でも100%化学合成オイルを使用して次回の交換距離をロングライフで提示しておりますが、次回の交換距3,000km提示の時と同じ様に、早めの提示と思い込み、まだ交換しなくても大丈夫と思い込まれると、オイルの劣化は大丈夫でも残量に関しては大丈夫では有りませんので、今後50,000km交換不要という時期が来るかもしれませんが、定期的にはオイルの量(残量)点検は必要ですので、この事(オイル量の点検)をどう説明して理解して頂いて浸透させて行くかが、オイル交換時期の説明よりも今後の課題になるかもしれませんね。

この記事にコメントする

You must be logged in to post a comment.

 

2017年12月
« 12月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

古物営業法に基ずく表示

有限会社アトランティックエスエフ
愛知県公安委員会許可
第542529703800号

有限会社アトランティックエスエフ

〒488-0826
愛知県尾張旭市大塚町1-12-12
TEL 052-726-9600
FAX 052-726-9601

Powered by WordPress, WP Theme designed by WSC Project. ログイン