自動車メーカー認証エンジンオイルを検証。(ブログ)

 

 3月に入りディスカバリーⅡの納車が終わった途端、急に暇になってしまい、今月の今後の予定を考えていた所、昨年8月にパワーウインドのECUを交換したアウディA3が、1年点検とスペアーキーの再セットアップで入庫しました。 

 パワーウインドのECU交換時、スペアーキーをお持ちで無かった為、同時にセットアップ出来ませんでしたので、後日再セットアップをお話してあったのですが、なかなかお客様の都合がつかず今回点検と一緒に作業依頼になってしまいました。 

当店ではスペアーキーの再セットアップは出来ませんので、先日スペアーキー再セットアップを行いにアウディのデーラーへ行き、そこでエンジンオイルのパンフレットが有ったので戴いて来ました。

 表面にエンジンオイルの規格、オイルのグレード、ベースオイルの種類、オイルの特性などが書いてあります。そして裏面へ

  裏面にも、このエンジンオイルの性能の事が書かれております。

 私がこの文面を読んで驚いたのは、あたかも自動車メーカーがエンジンオイルを補充しながら使用して、ロングライフを推奨しているような文章ですね。

  昨今は地球上の環境問題から、各自動車メーカーからエンジンオイルのロングドレーン化(ロングライフ化)ラジエタークーラントの無交換化、オートマチックミッションオイル、デフオイルの無交換化などがたしかに提唱されてはおります。

  このオイル補充についても、輸入車は昔から3000ccクラスで新車時の取り扱い説明書に、1,000km走行毎に約0.5Lエンジンオイル消費が有りますと書いてあるメーカーも有りますので、ここに書いてあるアウディA4 2.0TFSI(2000cc)でしたら従来のオイル交換が30,000kmで6回、総使用量27Lと書いて有りますので1回の交換はエンジンオイル4.5L使用と言う事ですので、認証オイルの方は、30,000kmで総使用量19Lですので、19Lから1回の交換4.5Lを引くと、30,000kmまでに14.5Lを補充して使っても良いと書いてますので(9回の補充ですから1回約1.61L補充、1,000kmで約0.483Lエンジンオイルの消費が有ると言うことですかね)、エンジンの個体差も有りますし、多少はオイルの蒸発も有るので多目の補充量で書いて有るのでしょうが、中にはオイル消費量の少ない車も有るでしょうから、定期的に見てオイルが減ってない車の場合はどうするのでしょうか? それとも確実にオイル消費して定期的にオイルランプが点灯するのでご心配無用と言う事でしょうか。

  いずれにしても、ここに書いてある内容からすると(単純計算で1回のオイル交換サイクルにすると7,100km)、メーカー認証エンジンオイル(化学合成油)でも、1回の交換でそのまま15,000km~20,000km使用しても良いと言う事では無かった訳ですね。

  新油を足すと汚れたオイルで新油の性能が低下するので、当店では一時的な補充以外エンジンオイルを補充し続けて使うと言う事はお勧めしておりませんし、当店でもVHVI(鉱物油ベース全合成)が出るまでは、半合成オイルまたは部分合成オイルを使用しておりました(1,300円~1,400/L)。

  VHVIの方が半合成、部分合成より高性能(化学合成オイルに匹敵する)ですし、お値打に仕入れれる様に成りましたので、最近はオイル交換をあまりしてない車が多く目に付きましたので、1年半ほど前からユーザーの皆様に、高性能オイルですが出来るだけエンジンオイル交換を3,000km5,000kmで交換して頂こうと価格を800/Lに設定して、こまめなオイル交換を推奨しておりますが、地球に優しく(ロングライフ)か、車に優しく(こまめな交換)か選択はユーザーの方々の考え方にお任せするしかないですね。

この記事にコメントする

You must be logged in to post a comment.

 

2017年12月
« 12月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

古物営業法に基ずく表示

有限会社アトランティックエスエフ
愛知県公安委員会許可
第542529703800号

有限会社アトランティックエスエフ

〒488-0826
愛知県尾張旭市大塚町1-12-12
TEL 052-726-9600
FAX 052-726-9601

Powered by WordPress, WP Theme designed by WSC Project. ログイン