クラシック レンジローバー

クラシック レンジローバー Classic Range Rover(CRR)

range-rover-classic-2-580x396クラシック レンジローバー (Classic  Range Rover)は、レンジローバー クラシック(Range  Rover  Classic)とも呼ばれている初代のレンジローバーです。 この車は、セカンドレンジローバーが販売されだした後も継続販売されていたので、ネーミングを分けるために初代のレンジローバーをレンジローバー クラシックと呼ぶ事にしたのだと思います。私的には呼びなれているのと、何となくクラシック レンジローバー と呼ぶ方が聞心地感が良いので、クラシック レンジローバー と呼ぶ事に致します。

1972_range_rover_classic_land_suffix_a_2_door_suv_inteior_1この初代のレンジローバーは、ランドローバー社が長年にわたりランドローバーで培った経験と信頼性の高いメカニズムを発展させ、レジャー用途をも考慮したまったく新しい概念のフルタイム4WDオールパーパスヴィークルとして発表されました。
そして発売と同時にランド・ローバーの悪路走破性と多用途性、そして高性能乗用車の性能と居住性をあわせもつモデルとして高く評価され、イギリス上流階級のステータスシンボルとなったそうです。range-rover-classic-3-580x396

当初は2ドアモデルのローバー3500用の軽合金製V8OHV3528ccから始まり、後に4ドアモデルが追加され、その後もATモデルの追加、SUツインキャブから電子燃料噴射へと発展し、エンジン排気量も3.9Lへとアップし、1992年からはロングホイールベース、4.2Lのバンデンプラがモデルに追加され、最終1996年までの26年間販売されました。その数はrange-rover-1993-automobilesdeluxe1970年~1996年の間に、320,000台近くが生産されました。我が国にも1990年より正規輸入され始め、その数は1,500台前後と言われておるみたいです。

皆さん方がよく目にするクラシック レンジローバー は、この正規輸入された1990年以降のモデルが殆んどだと思います。

もの凄く高価だったこの車も最近は段々少なくなって着ています。その訳は色々有るのでしょうが、よく耳にする事は維持費が大変、または修理してもらえる所が少ない、などが有るみたいです。そのせいか最近ちょくちょく乗り続けたいが面倒を見てもらえる所が無いので手放そうかとか、乗って見たいが故障した後が心配で手が出せないとかのお話を耳にします。

どんな高価な車でも、痛んだ状態のままでは好きで所有して来ても、段々と熱(愛着)が冷めていきます。私としては、今後増える事の無いこのクラシック レンジローバー を、皆様方により長くクラシック レンジローバー ライフを満喫して頂けるように、修理、メンテナンス等のサポートのお手伝いが出来ればと思っております。

今クラシック レンジローバー を所有されている方、これからクラシック レンジローバー を所有してみたい方、何かお役に立てる事が有るかもしれません。ちょっとした事でも構いませんのでお気軽にご相談ください。

その他Land Rover車両、セカンドレンジローバー、ディスカバリーⅠ,Ⅱ、ディフェンダー90,110 のお車もサポート致しておりますので、お気軽にご相談ください。

TEL  052-726-9600 FAX  052-726-9601 またはメールフォームでお問い合わせください。

Comments are closed.

 

2017年9月
« 12月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930  

古物営業法に基ずく表示

有限会社アトランティックエスエフ
愛知県公安委員会許可
第542529703800号

有限会社アトランティックエスエフ

〒488-0826
愛知県尾張旭市大塚町1-12-12
TEL 052-726-9600
FAX 052-726-9601

Powered by WordPress, WP Theme designed by WSC Project. ログイン