エンジンオイル交換

エンジンオイル交換について

エンジンオイル交換について少しお話しを書こうと思います。エンジンオイルの詳しい効能や働きについては、話が長くなりますので省略させていただきます。オイルの効能や働きにご興味の有る方は、潤滑油関係の詳しい方や大学教授などの方達がインターネットに公開されて見えますので、是非そちらをご覧下さい。

最近は定期的なオイル交換をされるユーザーが少なくなって来ています。その理由は、自動車の性能が向上し故障の減少から、自動車はメンテナンスフリーになって来ていると思われているとか、若い方を含めたユーザーの自動車は消耗品との考えから、愛着心離れの方が多くなって来たとか、自動車メーカーの取り扱い説明書に書かれているエンジンオイル交換時期のロングライフ(ロングドレーン)化による所等があるのかもしれません。

今でも一般的にはオイル交換の時期は3,000Kmと言われる修理屋さん等が多いと思われます。最近ではオイル容量(L)×1,000kmを交換目安に奨められる修理屋さん等もみえるみたいです。これは今から30年以上も前、今よりも自動車がもっと高価だった時代に、オイルメーカーさんと自動車メーカーさんが話し合い、エンジンを傷めない為に早めにエンジンオイル交換を進めた事から来ているのではないかと思われます。

最近ではインターネット上では、3,000Kmで交換しなくてもエンジンは壊れないとか、自動車メーカーが15,000Km~20,000kmを指定しているから、それまでは交換しなくても大丈夫とか、なかにはオイルは減ったら足すだけで交換はしなくても壊れないという方まで見えます。

オイルは減ったら足すだけで交換はしなくても壊れないと言う意見は別として、先の二つの意見は間違いではありません。ただ、それぞれの自動車、排気量も違えば、同じ排気量でもオイル容量も違い、ミッションもマニュアルかオートマチックか、同じ距離でも通勤使用か高速走行使用とか、使用中の水温(正確には油温です)によっても交換時期は全然違ってきます。

まして、国産メーカーの15,000kmとは高性能オイル(合成系に近いオイル)で高速走行を中心に使用した場合であって、一般走行の場合はその半分の7,500kmのシビアコンディションを交換時期とうたっています。輸入車においては、100%化学合成オイルを指定油として20,000kmまたは1年を交換時期に指定しています。

 エンジンオイルも鉱物油では、一般平均的な使用の方ですと3,000km位からオイル本来としての性能(能力)が徐々に低下して行きます。高回転を多用する走り方ですと2,000km位からでも低下が始まりますし、高速走行(高速巡航)が多い場合ですと6,000km位は著しい低下は無いかも知れません。

本来回転中のエンジン内の摺動部は、オイルの皮膜によって浮遊状態で金属同士は直接は擦れ合わない事に理論上はなっています。しかしオイルの性能(能力)が低下して来ると、潤滑減摩能力が低下し段々そのオイル皮膜が薄くなり金属同士の滑りが悪くなって金属表面が磨耗や傷が付き出します。

この状態が、よく耳にするエンジンの回転が重たくなったとか,高回転が廻らなくなったとか、エンジン音が少し大きくなったとか、燃費が悪くなったいう症状です。そんな状態を長年繰り返して行くと、オイル交換をしても静かにならなくなったり、エンジンより異音がするという症状になっていきます。

そして、オイルの性能(能力)が低下しだしてからもそのまま使い続けると清浄分散能力が無くなって、今までオイルの中へ溶かしていたスラッジが金属表面に付着しだして汚れの皮膜を作ります。その他冷却能力の低下、防錆防食能力の低下、そして最終的にはオイル通路の詰り、摺動部への膜切れによる金属同士の焼き付き症状に繋がります。

 私の過去に経験したケースで、新車から10,000km位でオイル交換を繰り返していた車で30,000km弱でエンジンが焼き付きを起こした事が有りました。これは個体差によると思いますが、焼き付きは起こらなくても、オイルの劣化によりオイルシール等が硬化し白煙やオイル消費大に繋がり、回転抵抗の増加によりタイミングベルトの早期破断も起こったります。

一般的な鉱物油のエンジンオイルで、普通に通勤等で使用する車でしたらオイル交換サイクルを10,000km位で続けると、焼き付きは起こらなくても少しづつ確実に金属損傷による異音や白煙やオイル消費(蒸発によっても起こります)は出て来ると思われます。営業車等の高速走行使用での10,000km位の交換でしたら大丈夫だとは思います。(製油メーカーの営業車で営業がテストを兼ねて?使用している話を聞いた覚えが有ります)

一般的に鉱物油に比べ100%化学合オイルでしたら、オイル寿命は2倍~3倍とかスラッジの発生量は1/10以下とも1/100以下とも言われているみたいです。

 劣化オイルの使用の限界の目安は、スラッジが金属表面に付着しだして着色皮膜がコーティングしてたら、その距離よりもう少し早目が目安だと思います。着色皮膜のコーティングが出ているかは、エンジンのオイル給油キャップをはずして中を覗いて見てください。中に見える金属が薄茶色に着色してれば、もう症状は始まってます。(茶褐色であれば、すでにだいぶ進行してると思って下さい)

限界はある程度分りやすいんですが、劣化しだしたとかの判定は難しく、採取したオイルを成分分析して新油と比較して劣化判定やエンジンの磨耗した金属成分の含有量等で判断しますので一般的には無理ですし、使用の仕方が皆さん違いますので、一概に何キロで交換とかの判断は難しいですが、交換される時は出来るだけ使用用途に合ったオイルで使用状況に合った交換時期を決めて頂ければ良いかと思います。そして長く快適に乗り続けて頂く為にも、出来れば少し早めのエンジンオイル交換をお勧めいたします。

 エンジンオイルの種類と番定について

次にエンジンオイルの種類と番定のお話も、少し書いておこうと思います。ここでも、エンジンオイルの詳しい種類や成分については、話が長くなりますので省略させていただきます。オイルの種類や成分についてもご興味の有る方は、潤滑油関係の詳しい方や大学教授などの方達がインターネットに公開されて見えますので、是非そちらをご覧下さい。

 現在、API規格によるエンジンオイルの基油(ベースオイル)の種類は以下の5グループに分類されています。

グループ Ⅰ 溶剤精製された鉱物油

グループ Ⅱ 水素化処理精製された鉱物油

グループ Ⅲ 高度水素分解精製された高粘度指数鉱物油(VHVI)

グループ Ⅳ (PAO)

グループ Ⅴ エステル系(ジエステル、ポリオールエステル、コンプレックスエステル)、アルキルナフタレン、植物油などⅠ~Ⅳ以外

 グループⅠ~Ⅲは鉱物油、グループⅣ PAO、グループⅤはエステル系で、価格もⅠからⅤになるにつれて高価になっていきます。

一般の精油工場で作られる鉱物油は、このグループⅠになります。グループⅠよりもより高精製された物がグループⅡであり、そのグループⅡよりもより高精製された物がグループⅢ(VHVI)です。ただ国内ではグループⅡは2社、グループⅢ(VHVI)は3社しか生産できず、全体の9割以上が輸入だそうです。グループⅣ(PAO)を生産できるのは世界でスーパーメジャーと言われる数社のみだそうです。

国内のほとんどのオイルメーカーではグループⅢ,Ⅳはパッケージと言われる既製品のオイル(規格試験に合格した製品)に独自のブレンドを少し(数%ほど)加えて、自社独自の製品(オリジナル)として販売または、精油工場で詰めてもらって自社製品(オリジナル)として販売されています。

 現在はグループⅠ,Ⅱを鉱物油、グループⅢ(VHVI)を合成油または全合成、グループⅣ,Ⅴを科学合成または100%科学合成と呼びます。15年ほど前はグループⅢ(VHVI)があまり出回ってなく、グループⅠ,ⅡにグループⅣ,Ⅴを足した物が部分合成、半合成(パートシンセ)と呼ばれていました。

価格的順番では、鉱物油、鉱物油(VHVI)、PAO、エステル系となりますが、ロングライフで言うと鉱物油、鉱物油(VHVI)、PAOになります。一般的にロングライフ100%科学合成オイルとは、このPAOを基油(ベースオイル)にエステル系を少し混ぜたオイルを言います。高価なエステルは極圧性は高いがロングライフには向かず、おもに競技用とかサーキット走行用としてPAOを少し混ぜて売られている製品が多いようです。

そしてオイル本来の性能は、この基油(ベースオイル)で決まります。新油試験で同じ規格をクリアしてれば、どれでも同じと思われるでしょうが、安価な基油(ベースオイル)は性能向上剤(ポリマーなど)が多く(10%~20%近く)含まれており、その性能向上剤(ポリマーなど)は3,000km位で効力が低下し、後は基油(ベースオイル)の性能のみと言われます。

鉱物油(VHVI)、PAO、エステル系などは、性能向上剤(ポリマーなど)をあまり使わなくても新油試験の規格をクリア出来るので、安価なグループⅠの鉱物油に比べると格段に高性能と言われております。(この事〔性能向上剤の効力低下〕がオイル交換は3,000kmと言われる元なのかもしれませんね)

 そしてオイルの番定の話ですが、0w-20、5w-30、10w-40などの前側の0W,5Wは低温時の粘度を表し、数字が小さいほど低温時の始動性が高く、より寒冷地向きを示し、後側の30,40は高温時の粘度を表し、数字が大きいほど高温時での粘度が高く油膜も厚いため、発熱量の多い大排気量車,ターボ車や高出力,高回転仕様の車により向いていると言えます。

 上のエンジンオイル交換についての所でも書きましたように、最近は世界的にロングライフ(ロングドレーン)傾向にも有り、定期的なオイル交換をされるユーザーも少なくなって来ていますので、当店では取り扱いオイルをグループⅢ(VHVI)以上の合成油に切り替えまして、少しでも皆様方のお車がより長く快適にお使い頂ける様にと国内精油メーカーさんより直接購入によりロープライス化が出来ましたので、ディーラー,カー用品店等と同等価格にてワンランク上のオイルを提供させて頂きます。

オイルバリエーションの中に添加剤配合グレードも用意しており、当店では添加剤はFM剤(摩擦調整剤)の有機モリブデンを使用しております。添加剤にも多数種類が有り、効能にも色々一長一短かとは思いますが、当店では基油(ベースオイル)の相性を考え精油メーカーさんで開発された製品を使用しております。

最後に、話は長くなりましたが、エンジンオイルの選び方ですが、使用目的以外にも、同じ5w-30のオイル番定のオイルでも基準内で2.5w-25相応~7.5w-35相応までが存在しますし、添加剤の種類や基油(ベースオイル)でも体感出来るフィーリングが違いますし、多少各クルマによっても相性(マッチング)とか100%科学合成オイルでは漏れやニジミの発生する場合も有りますので、色々選択出来る中からご自分の好み、フィーリングに一番合うオイルを探してみるのも良いかと思います。

ここに書きました事は、私の知り得ただけの事や、今まで経験や体験して来た事だけですので、全てには当てはまらないとは思いますが、皆様方のオイル選びの参考の足しにでもして頂き、皆さんのお車は実験車(テストカー)では無いと思いますので、少し早めにオイル交換をして頂いて愛車を労わりながら、より楽しいカーライフを満喫して頂ければ幸いかと思います。

    このサイトhttp://www9.atwiki.jp/oil-properties/pages/1.htmlも参考になります。

エンジンオイルに対して浅い知識ではありますが、皆様からのエンジンオイルのご相談等にはアドバイスもさせて頂きますので、遠慮なくご相談ください。

TEL052-726-9600  FAX052-726-9601  またはメールフォームでお問い合わせください。

                              エンジンオイル交換料金表

 

 

 

 

 

 


Comments are closed.

 

2017年9月
« 12月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930  

古物営業法に基ずく表示

有限会社アトランティックエスエフ
愛知県公安委員会許可
第542529703800号

有限会社アトランティックエスエフ

〒488-0826
愛知県尾張旭市大塚町1-12-12
TEL 052-726-9600
FAX 052-726-9601

Powered by WordPress, WP Theme designed by WSC Project. ログイン